結果が怖い?脳ドック

結果が怖い?脳ドック

健康診断や精密検査などどのような検査でも、結果が出るまでは心配ですし、怖いものでありましょう。そうした理由から、健康診断などから遠ざかっている方も多いのではないでしょうか。しかし、定期的な健康診断によって体の異変を察知し、早期治療にあてられるメリットは非常に大きなものです。脳ドックもまた然り、ではないでしょうか。特に脳は命や後遺症などに関わる重大な病気となることが多いので、怖い、と思われるのでしょうが、しかし、脳ドックによって事態が深刻化する前に早期治療にあたられたことで、一命をとりとめ、比較的後遺症も軽く済んだ、という方も決して少なくはありません。脳の病気は、血液検査やレントゲンなどでは分からないことが一般的ですので、他の内臓疾患よりも発見が遅れる例もあり、それにより重篤な症状に陥ってしまうことにもなりかねません。怖いと思われるかもしれませんが、病気の早期発見、早期治療のためにも脳ドックを受けられては如何でしょう。

脳ドックの結果で分かること

脳ドックの結果をみることで、脳に異常がないかを知ることができます。脳ドックでは、MRI、MRAといった検査を行うことが多いですが、これらの検査を受けることで、脳の中を画像で見ることが可能になります。その画像をもとに専門の医師が判定を下したものが、脳ドックの結果です。そのため、これらの結果からは脳に腫瘍などのできものはないか、脳血管が蛇行していたり詰まりかけていたりするところはないか、脳梗塞が起きていたりその跡がないかなどを知ることができます。
加えて、これらのMRI、MRA検査に加えて、頸部エコーという検査を行う脳ドックもあります。頸部エコーを行うと頸動脈の血管をみることができます。頸動脈は比較的太い血管なので、この血管を調べることによって動脈硬化の進み具合がわかるのもメリットのひとつです。頸部エコーは、動脈硬化によくみられるプラークがないかや、血管の内膜の厚みを測定し、動脈硬化がどの程度進んでいるかを明らかにします。