相場から考える脳ドック

相場から考える脳ドック

脳梗塞や脳腫瘍などの脳関連の病気を重点的に検査できる脳ドックは、人間ドックのなかでも人気があります。脳ドックは、MRIやMRAなどの高度な医療機械を使用するため、ほかの検査と比べて費用が高額になりやすいです。また、脳ドックは基本的に健康保険診療外にあたるため、健康保険は使えません。そのため、全額自己負担になります。費用の相場は、実施する検診センターや病院によって多少違いますが、だいたい半日のコースであれば4万から5万、1日かけて行うコースの場合は10万近くします。通常の生活習慣病をメインに検査する人間ドックの場合は、3万程度が相場となります。脳ドックのコースのなかには、MRIとMRAのみの簡易な検査コースもあります。その場合は、2万まで費用を抑えることができます。勤務している会社の福利厚生や加入している健康保険組合の中には、何割か費用を負担してくれる補助金制度が設けられていることもあります。

知っていますか?脳ドックの費用について

脳ドックの費用について皆さんは、どのようなイメージを持たれるでしょうか。安くはないだろう、と思われる方が多いでしょう。そこで、知っておいてほしいのが、受診する病院によって使う金額が大きく変わるということです。一般に脳ドックは、健康である人が自らの脳について調べるため、医療保険は適用されません。仮に異常が見つかった場合、その後の脳の治療には保険が適用されます。脳の検査だけでは保険が適用されないという事は、検査だけでも自己負担がかなりの額になるということです。地方自治体によっては、助成金が出るなどして負担額が少なくなるかもしれませんが、検査の日程によっては、5万円を超えることも少なくないのが現状です。あくまでも、それらは個人で受診する際の話であり、会社や団体での受診の際は、個人の場合より費用は安くなることがほとんどです。高額な受診料によって検査を諦める人も多い現状の中で、最近では病院も脳ドック利用の低価格化や、サービスの充実を図っています。自らの脳の健康について詳しく知りたい方は、一度脳ドックを受診されてはどうでしょうか。